インプラント手術の方法について

インプラント治療は顎の骨に穴をあけて、チタン製金属の構造体を埋め込む事で3か月から半年ほどでチタン製金属は骨と結合するため、歯の土台を形成させて噛む力を骨に伝える機能や、骨の衰退を防止できるメリットが出て来ます。

歯を抜いてしまった場合、支えるものが無くなった骨は体内に吸収されてしまい、骨が痩せて行くと言われており、顔の輪郭に変化が生じてしまったり、かみ合わせが悪くなるなどのデメリットが在ります。



しかし、インプラント治療を受ける事で、噛み合わせを作り出すことが出来るため、歯の健康を維持することが出来ると言うメリットも在ります。


尚、インプラント治療の手術法には1回法と2回法が在り、1回法はそのまま人工歯根を埋めることが出来る骨量が在る場合と、骨量が少ない場合でも利用される手術法になります。
歯を抜いてから時間が経過してしまった場合、骨量が十分な量になっていなくて、そのままでは骨の中に構造体を埋め込めないケースが在ります。

毎日新聞に興味ある方、必見です。

この場合は、骨の増量手術を受ける事で骨量を増やし、構造体を埋め込めるようになるのですが、この時に1回法と2回法の何れかの選択肢が在ると言う事なのです。



1回法は骨の増量を行うと同時に人工歯根を埋め込む方法であり、2回法は最初に骨の増量手術を行い、半年後に2回目の手術を行って人工歯根を埋め込む方法になります。2回法の方が成功率が高いと言われていますが、2度の手術が必要になると言った特徴が在ります。